積雪とともに登場

2月18日(火)

今シーズン初めてとも言えるまとまった積雪のあった日、
バードフィーダーに新顔・ミヤマホオジロの群れがやってきました。
これまで事務所周辺ではその気配すら感じさせませんでしたが
積雪の影響で食べ物に困ったのでしょうか?
しばらくバードフィーダーに留まり、エサを食べ続けていました。
その後も夕方まで断続的に現れ、シジュウカラとニアミスする場面もあり、
バードフィーダー大盛況の一日でした。積雪の日はねらい目かも。(阿部)

バードフィーダーに集まるミヤマホオジロ

 

屋内からのバードウォッチング

2020年2月4日(火)

自然学校の事務所周辺で見られている「オナガガモ」と「ツグミ」をご紹介します。

オナガガモはその名の通り、他のカモと比べて尾が長いのが特徴です。
ユーラシア大陸と、北アメリカの北部から渡来し、冬から春にかけて日本で見られる冬鳥です。

カメラ目線のオナガガモ

この日、雄3羽での飛来で、絶妙な距離を保ちながら自然学校の池を泳いでいました。

3羽で自然学校渡来記念の記念撮影

ツグミは、石の上で一息のところをパシャリ。
彼らもまた冬鳥で、シベリアの中部や南部から渡来し中国や日本で冬を越します。

ふくふくとしたツグミ

この写真はいずれも事務所から撮影したものです。屋内からのバードウォッチングは運が良ければ鳥たちとの距離も近く、暖かい所で冬鳥を見ることもでき快適です。(江上)

月イチ!さとばる自然観察ウォ~ク【越冬中のカモや小鳥】

2020年2月9日(日)

年明け以降も暖冬傾向が続き、
雪化粧することもなかった飯田高原ですが、
ここへきてようやく積雪し、冬らしくなってきました。
そんな中、今回の自然観察ウォークは
カモ類をはじめとする冬鳥たちに焦点を当てました。
自然学校の事務所前の池(みいれが池)と
水路を挟んで隣接するビオトープには
アオサギ、ダイサギ、カワウ、カワセミなど、様々な水鳥たちが生息し、
さらに冬には越冬するカモの仲間が加わってにぎやかになります。
今日もアオサギ、カワウ、コガモといった鳥たちが
入れ替わりで飛来し、楽しませてくれました。

ビオトープのカモ類を観察

また、事務所周辺の林やさとばるでは
ジョウビタキ、アトリ、ミヤマホオジロなどの
冬の小鳥たちも見られます。
彼らも一通り姿を見せ、
さらに事務所前のバードフィーダーには
シジュウカラがエサをついばみに現れました。

頻繁に現れたジョウビタキ

鳥は昆虫や両生類のように冬眠することがないため、
冬でも観察を楽しむことができます。
むしろ、草が枯れ、木々が葉を落として視界が開ける冬は
バードウォッチングに適した季節と言えるでしょう。
事務所の中からでも池やバードフィーダーの鳥を
観察できるようになる冬の九重ふるさと自然学校は
バードウォッチング入門にお勧めできる環境です。
ご興味のある方はいつでもお尋ねください。

 

月イチ!さとばる自然観察ウォ~ク【動物たちの冬の過ごし方】

2020年1月19日(日)

年が明け、一段と寒くなるかと思いきや、春のような暖かさになるなど、気まぐれな冬に振り回されるなか、今回は「動物たちの冬の過ごし方」をテーマに観察しました。

そこでまず、発見したのは「ヨコヅナサシガメ」という外来のカメムシの仲間です。

ヨコヅナサシガメの幼虫たち

ヨコヅナサシガメたちは、幼虫のうちにサクラやケヤキなどの木の幹に集まり、体を寄せ合い冬を越します。集団で生活することで自分たちよりも大きな獲物を捕らえる確率を上げているそうです。そして春になると羽化し成虫になります。

私たちが見つけたヨコヅナサシガメは、今まさに脱皮中で、抜け殻がたくさん捨ててありました。彼らは何度も脱皮をして大きくなる種類です。春に向けて成虫になる準備をしているようでした。

じっくり観察

田んぼの横にあるビオトープには「コガモ」が渡ってきていました。
コガモは11月ごろから見られる冬鳥です。ユーラシア大陸や、北米大陸あたりから日本に飛来し冬を越します。

バレないように、そろ~り…

ビオトープと川を挟んで隣に面している、事務所前の池を行き来する姿を見ることができました。

双眼鏡で観察

ヨコヅナサシガメは西日本でよく見られ、コガモは日本全国に飛来します。
みなさんも公園のサクラや、ため池を見つけた際に、じっくり観察してみてはいかがでしょう。他にも何か見つかるかもしれません。

暖冬

2月4日

今年は暖冬といわれますが、飯田高原も例外ではないようで、
積雪どころか降雪すらほとんどありません。
冬らしい景色といえば山頂部を白く染めた
九重連山の山々ぐらいでしょうか。
それでもたまに冷え込むと、
事務所前の池(みいれが池)の水面が
うっすら凍結することがあります。
気温にもよりますが、9~10時ぐらいまでは凍った池が見られます。
寒い日はぜひ自然学校へ。(阿部)

うっすら凍結したみいれが池