自然で遊ぼう!おやとこ~火の巻~ 焼き芋づくりと落ち葉であそぼう!

2018年11月3日(土・祝)

こもれびが射す雑木林で読み聞かせ
こもれびが射す雑木林で読み聞かせ
ヤスデに釘づけ!
ヤスデに釘づけ!
落ち葉と聞くと何を想像しますか?落ち葉は生きもののすみかやエサとして、私たちにとっては燃料や肥料、そして遊び道具としても貴重な存在です。
当日はまず、落ち葉に暮らす小さな生きものの話を絵本で読み聞かせしました。ダンゴムシやヤスデなどの土壌動物によって肥沃な森の土がつくられ、豊かな森や水が育まれています。ジャンプで土のフカフカ具合を感じ、落ち葉をめくるとウニョウニョと動くヤスデの仲間を発見!絵本の通り、落ち葉と生きもののつながりを実感できました。
その後は、みんなで落ち葉をどっさり集めて、落ち葉プールづくり!あっという間に寝心地最高のお布団が完成しました。参加者の皆さんも落ち葉集めはもう朝飯前。さらに落ち葉を集めて焼き芋づくりをしました。灰にした落ち葉の上に芋を乗せ、落ち葉を積んで、燃やす。集めて、燃やす…。そうしてじっくり焼いた芋は、芯までホクホク。時折冷たい風が吹きましたが、身も心もほっこりしたひと時になりました。

落ち葉布団はあったか~い

自然学校の畑で獲れたサツマイモで焼き芋

キャンプファイヤーで人気のスモアづくりにも挑戦

干し柿

2018年11月9日(金)
さとばるの柿が色づいていました。今までは実を結ぶことがほとんどありませんでしたが、今年は目につく程実っていたので、干し柿にしました。

竹を使って柿を収穫


柿をとり、皮を剥き、藁をない、柿を藁に入れ込んでいく・・・。こうして丁寧に作られた干し柿は、飯田高原の寒風にさらされて、徐々に甘くなっていくでしょう。完成が楽しみです♪(兒島)

甘くな~れ!

 

絵本の世界へ飛び込もう!

2018年10月13日(土)、14日(日)

 

山田証さんの歌で楽しく和やかに
山田証さんの歌で楽しく和やかに

この秋大分県で開催の「国民文化祭、全国障がい者芸術・文化祭」の関連行事として実施しました。森のシンガーソングライター山田証さんを迎え、音楽と絵本の世界に浸りながら、自然の中でのんびり過ごそうと、両日あわせて40名にご参加頂きました。
 楽しい歌に誘われ「お花や動物たちに歌を聴かそう♪」と手作りの楽器を鳴らしながら歩きます。はじけ飛ぶタネやトンネルを掘るモグラに出会い、カシワの木の下ではネズミに変身してドングリを運びました。
続いては、クヌギの木立の下でごろんと横になり、親子で寄り添いながら聴くコンサートです。静かに音楽に耳を傾け見上げる森は、優しく私たちを包み込んでくれるよう。大人も子どももたっぷりと自然に親しむ一日となりました。
絵本の世界に浸ります
絵本の世界に浸ります
ドングリどこに隠そうかな
ドングリどこに隠そうかな
森と音楽に癒されるやさしいコンサート
森と音楽に癒されるやさしいコンサート