過去の活動
くじゅうの自然保護・保全
 ここ九重には、ラムサール条約登録湿地であるタデ原・坊ガツル湿原やくじゅう山系の山々など、豊かな自然があふれています。ミヤマキリシマをはじめとする希少な動植物や、硫黄山の煙などの自然景観が、四季折々多彩な情景を見せてくれます。また、野焼きが古くより脈々と受け継がれ、タデ原や坊ガツルの中間湿原の維持につながってきました。この様なすばらしい自然を受け継ぎ、次世代へ継承する為に、九重ふるさと自然学校では、くじゅうの草原をはじめとする多様な自然環境の保護・保全に携わるとともに、自らを含めた自然保護・保全の担い手の育成を目指していきます。
トキもすめる里づくり
 九重ふるさと自然学校では地元の方々と一緒に「トキもすめる里づくり」に取組んでいます。いつかトキにも選んでもらえるような自然豊かな里であるよう、私たちは地域の多様な生きものに注目し、生きものが暮らしやすい里山環境の保全・再生を目指しています。
トキもすめる里づくり
 九重ふるさと自然学校では、多くの人にくじゅうの自然のすばらしさ、地域の魅力を伝えるために、学校などへの出前授業をさせていただいています。
 皆様からのご要望に基づき、学校の授業から諸団体の集まりなどご依頼のあった場所まで出向いて、さまざまなテーマでお話をさせていただきたいと考えています。
 くじゅうの自然・身近な地域のすばらしさを伝えることで、身の回りの自然環境を再発見し、人と自然のつながりを気付くきっかけとなるような授業を目指しています。
例1:野鳥観察
 くじゅう飯田高原にある、タデ原はラムサール条約に登録された湿原です。この湿原では、希少な植物が豊富なだけでなく、九州では珍しい鳥が飛来するなど魅力ある自然があります。
このタデ原と隣接する森で見られる鳥を比較することで、草原にすむ鳥、森のすむ鳥の違いなどを学ぶことができます。
例2:虫の話
くじゅう飯田高原は、野焼きによる広大な草原をはじめとして、森林や湿地など豊かな自然環境が多く残されており、九州ではここでしか見られない昆虫も見られます。実際に昆虫採集やクイズ形式の観察を行い、これらの昆虫から見えてくる自然環境の話や人間と昆虫の関わり合いについてお話しします。
例3:標本づくり
昆虫や植物を採集し、身近で安価な素材を使って昆虫や植物の本格的な標本を作ります。また、プラスチック樹脂の中に標本を入れた封入標本作りも可能です。
ご興味のある方はお気軽に下記のお問い合わせ先までご連絡ください。
 日程、内容、場所等をご相談させていただき詳細を決めさせていただきたいと考えています。また、日程等の関係でご要望に添えない場合もございますので、まずはお問い合わせください。

お問い合わせ先:
九重ふるさと自然学校
TEL:0973-73-0001
FAX:0973-79-3434
E-MAIL:kujyu-sizengakkou@7midori.org