雪解け


2018年2月27日(火)
「雪解け」

二十四節気において雪解けを告げる「雨水」を過ぎ、飯田高原を一面真っ白に染めていた雪もずいぶん消えました。暦の正確さに驚かされます。タデ原湿原の防火帯もほとんど見えるようになっています。久しぶりに防火帯を目の当たりにし、野焼きまであと1か月ほどに迫っていることを実感しました。気温の上昇と共に一足先に春気分になりそうです。(阿部)