生きものしらべ「春の植物観察会」

2019年3月31日(日)

早春の森を散策しながらの植物観察会を実施しました。

花と昆虫についての学習
足元の小さな花にも注目

 

 

 

 

 

小雨の降るあいにくの天気のため、予定より少し長く室内で花と昆虫の関係について学習したのち、外に出て花の咲いている植物の観察を行いました。ウメと桜の見分け方から普段見ることがあまりない雨で閉じてしまっている花の観察、2種類のスミレの見比べなど、肌寒い中でしたがあっという間の1時間の観察でした。最後には、畑でめずらしい白菜の花の観察や収穫を行い、自然学校で作った押し花でしおりづくりも行いました。

初めて見る白菜の花
押し花のしおりづくり

 

「第84回 森のお手入れボランティア」を実施しました。

2019年3月10日(日)

今回の森のお手入れボランティアは大沢川沿いの笹刈りや枝打ち作業を行いました。

笹刈り作業
刈った笹の集積

 

 

 

 

 

笹を刈ることで、川が開けた環境になり、カワセミやホタルなど様々な生き物が観察できるな場所に近付いてきました。

整備前
整備後

 

 

 

 

 

次回の活動は刈った笹の集積や川のごみ拾いを行い、川沿いの地面を綺麗にして、植物が生えやすい環境づくりを行っていきます。

クラフトワークショップ「木の枝からお箸を作ろう!」

2019年3月2日(土)

森林整備で伐倒した木や剪定した木の枝を使って、お箸づくりのプログラムを実施。今回はヤマザクラ、ケヤキ、ウメの3種類の中から選んでお箸を作りました。

大きなヤマザクラの木
真っ直ぐな枝が見つかるかな?

                                      

 

 

 

 

選んだ枝をナイフで削り、ヤスリをかけて、最後にクルミ油を箸全体に塗って完成です。樹皮をわざと残したり、箸全体がツルツルになるまでヤスリがけをしたりと、それぞれオリジナルのお箸が出来ました。プログラムの終わりに、自然学校で育てた江戸東京野菜「伝統大蔵ダイコン」を使った味噌汁を、作ったお箸で試食。自分で作ったお箸で食べると、食事がいつもより特別なものに感じました。

お箸づくり
お味噌汁おいしいね

冬越しするオタマジャクシ

2018年10月21日(日)
「冬越しするオタマジャクシ」

九重町の秋のお祭りに出展しました。イモリやゲンゴロウ類、ドジョウなどの田んぼの生きもの展示は子どもたちにとっては新鮮で、大人たちにとっては懐かしいと、いつも人気です。そして生きものと触れあえるタッチプールにはオタマジャクシが欠かせません。
「秋にオタマジャクシ?」と驚く方も多いのですが、ツチガエルはオタマジャクシで冬を越します。来春水が入るまで彼らのすみかは田んぼの片隅の水たまりなどです。人知れず、静かに冬を越えて命をつなぎます。(川野)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

稲刈り

2018年10月5日(金)
「稲刈り」

このところ、立て続けに台風の接近に見舞われていますが、田んぼでは晴れ間を縫って稲刈りが進行中です。この後、約2週間の掛け干しが終われば、いよいよ新米が食べられます。風雨に負けず、うま味を凝縮してほしいですね。(阿部)

稲刈り