「第90回 森のお手入れボランティア」を実施しました。

2019年6月16日(日)

今回の森のお手入れボランティアは沢地沿いの散策路整備を行いました。

1.低木の伐採
2.沢のかいぼり作業
3.階段作りも行いました

道を作りながら沢の中の落ち葉をかき出し、水の流れを良くしました。斜面地には階段を作り、明るく開けた道を開通することが出来ました。

4.整備前
5.整備後

「2019八王子環境フェスティバル」にクラフトを出展しました

6月1日に八王子駅前で行われた「2019八王子環境フェスティバル」に、自然学校の森林整備で発生した間伐材や木の実落ち葉などを活用したクラフトと葉っぱを使ったスタンプカードづくりを出展しました。

 出展ブースは、たくさんの方が訪れ、思い思いの作品を作っていました。また同時に自然学校の活動を知っていただく機会になりました。

 参加者からは「小さな子供でもできたので、また是非やりたいです。」などの感想を頂きました。

1.参加者で賑わうブース内
1.参加者で賑わうブース内
2.工夫をして作成中
2.工夫をして作成中
3.ブースの外観
3.ブースの外観
4.様々な作品たち
4.様々な作品たち

「第89回 森のお手入れボランティア」を実施しました。

2019年5月26日(日)

今回の森のお手入れボランティアは散策路の階段と橋の修繕作業とモニタリング調査(植生調査)を行いました。

1.階段の手すりの修繕
2.杭打ち作業
3.橋の修繕

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

階段の枕木や手すり・橋は古くなり、腐ってしまった木を新しい木に変え、階段は歩きやすい段差に変えて、よりよい散策路になるよう整備を行いました。

4.修繕前
5.修繕後

 

 

 

 

 

午後はモニタリング調査を実施。林内に日の光が当たりようになり、今まで確認できなかった植物も生えてくるようになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

6月9日自主活動「田んぼdeまなぼー春の田植えー」

昨年に引き続き地元の川町の田んぼで稲作の文化と自然を体験する自主活動「田んぼdeまなぼ」がスタートしました。1回目の6月9日は「春の田植え」。あいにくの雨模様でしたが、参加者は初めての田んぼにおそるおそる足を入れて、その感触を楽しみながら手作業で苗を植えました。

 田植えの後は濡れた体を乾かしながら、薪ストーブでヨモギ団子を作って味わいました。

 次回は7月28日(日)夏の草抜きと案山子づくりを予定しています。

1.はじめての田んぼにおとなも子どももおそるおそる
1.はじめての田んぼにおとなも子どももおそるおそる
2.一列に並んで手で田植え
2.一列に並んで手で田植え
3.ヨモギ団子づくり
3.ヨモギ団子づくり
4.蒸してる間に田んぼの生きものクイズ
4.蒸してる間に田んぼの生きものクイズ
5.美味しいだんごができました
5.美味しいだんごができました

はじめてのバードウオッチング-夏の回-

2019年5月12日(日)

夏鳥を求めて、高尾の森でバードウオッチングを行いました。まずはじめに双眼鏡の使い方を確認してから、森の中へ。

1.双眼鏡の使い方を確認
2.目の前にキビタキが!

 

 

 

 

 

散策路を進んでいくと、今回のテーマである夏鳥のキビタキや、普段なかなか姿を見ることができないヤブサメを観察することが出来ました。そのほかにも、猛禽類にやられた跡なのか大量の鳥の羽やエナガの巣の欠片、タヌキの毛などを観察。いろんな発見があり、とても楽しい観察会となりました。

3.散策路に大量の鳥の羽が・・・
4.エナガの巣の破片
5.タヌキの毛
6.今回の観察結果

 

 

 

 

 

 

 

 

 

     今回は17種の野鳥を観察できました。次回のバードウオッチングは冬の時期に開催予定です。どんな野鳥に出会えるか、たのしみです。